お風呂での発電に利用されるペルチェ発電

お風呂での発電に利用されるペルチェ発電

Category : 発電方式

ペルチェ発電は、いわゆる熱発電といわれる形式で電力を生み出します。現在お風呂のお湯を利用して、ペルチェ素子を利用したペルチェ発電を行う実験が試みられています。

お風呂の浴槽の容量はおおよそ200リットルであり、基準温度は40度だと言われています。お風呂のお湯は、化石燃料などを燃焼させることによって得られる熱エネルギーで加熱させます。

しかし、お風呂を利用した後は、その熱エネルギーはすべて破棄されてしまいます。しかし、温度差を利用して発電することができれば、発生した熱エネルギーを循環させることができ、無駄を減らすことができるのです。

そこで、お風呂の温度差発電の利用が研究されているのです。

温水、冷水を作り出すのが得意なのも、ペルチェ冷却の特徴です。一般に吸熱側にはセラミック板で絶縁して使用します。絶縁して使用しないと問題が生じるからです。

問題なのは、多くのセラミック板が別売りだということです。もしも使用の際に不安がある場合は、絶縁用セラミック版を購入したほうが良いでしょう。

 

乾電池よりもコンパクトなペルチェ冷却

ペルチェ冷却は、車の車載用冷蔵庫やCPUの発熱を冷ます冷却装置などに使用されています。ペルチェ冷却は、従来の冷却方式よりもはるかにコンパクトにできるため、乾電池を利用するよりも、遥かにコンパクトで安定した電力の供給が可能です。

そのため、乾電池では電力不足で実現できなかった、様々な装置に応用されているのです。先にあげた車載用冷蔵庫や、持ち運びできるサイズの冷蔵ボックスは、ペルチェ冷却のコンパクトさを計算に入れて設計されています。

また、子供の夏休みの自由研究として、ペルチェ冷却は人気の課題です。現在子供用のペルチェモジュールが販売されており、気軽に入手可能となっています。

また、各メーカーからも、多数のペルチェ素子(ペルチェモジュール)が販売されています。ペルチェ素子は各メーカーから発売されており、取扱説明書も各HPからダウンロードして確認することができます。

ペルチェ素子を使用してのオリジナル冷却装置を作ってみたいと言う方は、参考にしてみてください。

 

パソコンを吸熱してしっかり冷やそう

パソコンを使っている時に困ったと感じる事のひとつに高熱が発生してしまうというのがあります。特に夏場になるとパソコンがすごく高温になってファンの音もすごくうるさくなります。

それによってパソコンの電圧にも異常が起きる事があります。

そして、あまりにもパソコンが高温になってしまうせいでいくらファンが動いてもパソコンの吸熱が間に合わなくてパソコンが故障してしまう事もあります。

ですが、だからと言ってパソコンを無理やり冷却しようと思っても上手くいかないです。中には単純にパソコンの熱を下げれば良いと思ってパソコンの下に冷却パッドを置けば良いと思う人もいます。

でも、それでは全く効果はないとは言いませんが、ほぼパソコンの熱を下げる効果はないです。それよりはペルチェ冷却という方法でパソコンの熱を下げる事を考えた方が効率的にパソコンの熱が下がるようになります。

なので、パソコンの吸熱を効率的にしたいと思うならペルチェ冷却がおすすめです。